製品情報 products

規格品

特注品

オリジナル取扱商品

ご質問・ご相談はお気軽に。 受付/平日 9:00〜17:00 東京 03-3732-4111 静岡 055-987-4111

取扱い注意事項

製品を安全にご利用いただくために

ばねの取り付け・ご使用の際には、必ず以下の事項をお守りください。
本書の表示と意味は、以下のようになっています。

警告

お守りいただけない場合、ばねが折損・飛散することにより、作業者に人的損傷を及ぼすなど甚大な事故を引き起こす恐れがあります。

注意

お守りいただけない場合、ばね及びその周辺の器物に物的損害を引き起こす恐れがあります。

参考

製品を使用するにあたり、ご理解いただきたい事項。

製品を安全にご利用いただくために

警告

製品規格の確認
ばねの取り付け・ご使用の前に、設計上の仕様と取り付ける製品規格を十分に確認してください。特に、ISO規格の製品と「強力ばね」は、識別色・ばね特性が全く異なりますのでご注意ください。
詳細は下記「東発の強力ばね」と「東発のISO規格ばね」の主な違いをご参照下さい。

使用たわみ
当社カタログに荷重表記されているたわみ量の範囲でご使用ください。範囲を超えて使用した場合、荷重の急上昇・コイル線の線間接触などにより早期折損致します。

表面傷
ばねの表面に傷があると早期折損につながります。ばねに傷を確認した場合は、新しい製品と交換する事をお奨め致します。

腐食環境
腐食環境でのご使用はお避けください。発錆したばねは、早期折損の恐れがありますので新しい製品と交換してください。防錆性の切削油液でも長時間では発錆する場合があります。

異物挟み込み
ご使用中のばねの線間に異物が入りますと、挟み込みによる偏荷重・衝撃荷重により折損致しますので十分ご注意ください。

設置条件(初期圧)
ばねは少しでも押している状態(初期圧がある状態)で使用してください。ばねに初期圧が加わらない状態で使用すると、使用中の衝撃・偏荷重により早期折損する場合があります。

加圧の平行度
ばねは取り付け側及び加圧側を使用ストローク全域で平行になる様に設定してください。傾いた状態で加圧した場合、偏荷重により早期折損する場合があります。(下図参照)

並列使用
ばねを同一平面上で多種類・複数を同時に使用する場合は、加圧の平行度・荷重・たわみ量など全体のバランスにご注意ください。(下図参照)

直列使用の禁止
ばねを縦に重ねて使用しないでください。ばねが座屈し易くなり早期折損する場合があります。(下図参照)

ダブル使用の禁止
ばねの内側に小さい径のばねを挿入し同軸上で使用しないでください。ばねの線材が他のばねの線間に噛み込むなどして早期折損する場合があります。(下図参照)

ばねガイド
ばねガイド無しで使用した場合、ばねが座屈・胴曲りしやすくなる事により早期折損する場合があります。ご使用の際には、ばねの内径若しくは外径をガイドして使用してください。また、内径に金属製のガイドを使用する場合、ばね内径と金属ガイドの干渉によりばねの内径を磨耗させ、早期折損させる場合があります。

使用温度
カタログ記載の荷重等規格値は、常温(40℃以下)で使用される事を条件とされております。80℃を超える使用環境温度では、使用条件によっては自由高さの減少、荷重・耐久性の減衰の可能性があります。また、使用前であっても200℃以上の加熱は避けてください。

ばねを圧縮した状態での保管
ばねを圧縮したまま長期間保管しないでください。圧縮した状態での保管は、ばねを疲労させております。再度使用する時には既に折損しやすくなっている場合がありますので、新しい製品と交換する事をお奨め致します。

引張りばね
引張りばねはフックが外れた場合は危険ですので、フック部の取り付け状態、ばね取り付け・取り外し作業時 には十分注意してください。

製品用途
圧縮ばねは圧縮方向以外の力(引張る、ねじる等)を加えて使用しないでください。引張りばねは、引張り方向以外では使用しないでください。変形、折損につながります。また、ばね以外の用途(ハンマーや重石等)には使用しないでください。予期せぬ事故やケガを招く恐れがあります。

注意

設置部分の補強
ばねは硬い鋼で出来ているため、特性上、ばねを加圧する部分・受ける部分に摩耗により削り込みを起こす場合があります。ご使用上不都合がある場合は、設置部の保護・補強等の対策をお願いします。

定期点検
ばねは使用頻度が進むにつれてへたりが生じますので、必要に応じて交換を行ってください。錆を防ぐため、常に適度な防錆油が塗られているよう点検・管理を行ってください。特に「塗装無し、LR、MR、その他のばね(防錆処理指定の無い。)」については、アニオン電着塗装がされておりませんので、発錆しやすくなっておりますので注意してください。

保 管
ばねの保管時は高温・多湿を避け、ばねは取扱者以外が触れないような安全な場所に保管してください。

廃 棄
東発の標準ばねシリーズは低合金鋼(ばね用シリコンクロム鋼、ピアノ線、ばね用ステンレス線)ですので、廃棄は通常の金属廃棄物として処理できます。材料、塗料はRoHS指定に対応しております。

製品規格について

参考

外径・内径
ばねの端部より1〜2巻目のばね寸法です。(右図参照)
ばね定数
たわみ量に対する荷重の目安です。

荷重の特性
ばね定数による荷重計算値に対し、たわみ始めは荷重が低め、最大たわみ(密着)に近づくと荷重が高めになり、実測の許容差から外れる場合があります。(下グラフ参照)

識別色
規格によっては、識別色が同じでも規格荷重・規格寸法が異なるため、識別に十分な注意が必要です。

 
ページの先頭へ